2013年02月01日

たった一日 たった2時間




ずいぶん前、
税理士受験生の「掲示板」がいくつかあった。


(今、ほとんどブログになってしまってるけど)


掲示板は誰かがスレいれて
それにレスをつけていくってパターン。
だから、皆が興味ある問題についてはレスがすごく長くなっていく。


いまは、そんなスタイルがなくなってしまって
ほとんど一方通行の発信スタイル。



これは、その頃の話だ。



ほぼ1年かけて勉強して
「今年はいけるかも!!」って手ごたえを感じてるとき



試験の日に大事な会議がぶつかって
どうにも休めなくなった会社員が居た。


会社には勉強している事は公言して無い。
異業種からの挑戦らしい。


休めば首になるほどの大事な会議。


首は、家族を持ってる方には自殺行為。



結局、試験を見送った。



これを見たとき、とても同情した。
その前の年、試験10日前に入院して
試験を受けられなくなった経験があるから。


だれが悪いわけでもない、
もちろん自分のせいでもない。

怒りなのか、悲しみなのか分からない感情で
とにかく泣くしかなかったのを思い出して、自分のことのように辛かった。


そのときのレスに
「来年、頑張ってください。」って書いた方が居た。


コノヒトハ、シニモノグルイデベンキョウシテナイナと
感じた。



たった2時間のために
600時間以上の下地がある。

来年のためにやってんじゃない。




今年も無事に試験会場に行けますように。


気が向いたらおしといてぇ〜☆

にほんブログ村



サンクス


posted by kater at 08:36| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。