2013年01月31日

簿記検定と税理士試験




ごめんなさい、今日も強気のブログです。


気の弱い方は、見ないほうが良いかもしれません。




簿記の検定は、、商工会議所等の主催。


税理士試験は国税庁管轄。


御存知の通り、国家試験です。

「簿記を勉強してて面白かったので、税理士を目指そうと思いました。」


なんてなまっちょろい考え方だと火傷する。


検定は「1級の実力ありますよ」ってことの証明書。
なんだけど

国家試験は、資格なんです。国からのお墨付きって事。



以前、書いたことありますが税理士になるつもりも無いのに6つ揃えてた人。


その方の書いてた文章に
「税理士試験は死ぬ気で勉強しないと受かりません。

ただし、死ぬ気で勉強したからと言って必ず受かるわけではありません。」


これコピペして、自宅の勉強机の横に貼ってる。





ズシっと来たフレーズです。





私??
死ぬ気でやってたら、とっくに5つ揃ってる。。



と思われる。







気が向いたらおしといてぇ〜☆

にほんブログ村



サンクス


posted by kater at 06:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月30日

土俵は同じ


20代前半のフレッシュな脳みそ

親のバックアップあり

勉強に集中できる環境

専念での受験





記憶力に一抹の不安を抱える脳みそ

毎年の授業料をどうしようかと悩むレベルの経済力

仕事を抱え

家族を抱え


全くのハンディーキャップ無しに戦うわけ。
(一つ年齢上がるたびに1点くれろ、と思う)



どう考えても勝敗は明らかなんだけど


年齢別の合格率もそれを物語ってるんだけど


ある大手予備校にある合宿所。
そこの合格率が100%かというとそうでもない。



元々色んなものを持ってると
その有り難味が分からないのと同じで

自分がいかに贅沢な環境で勉強してるのかが分からない。
から、

切羽詰ってない。


「背水の陣」
痛々しいくらいの切羽詰った感。
ハングリー精神かな。


これがないと、この試験を乗り越えるパワーは出ないじゃないかと感じる。


「勉強が楽しいから」くらいの感覚だけでも
最初の2科目くらいは
いける。
でも、その後が続かない。


だって、本当に長いし高いから。
息切れする。


切羽詰った感を持ってるか持ってないか。




法人辺りに来ると、かなり違いが出る。






思う。

私???切羽詰ってるよ。










気が向いたらおしといてぇ〜☆

にほんブログ村



サンクス


posted by kater at 06:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月29日

ダブル受験


昨日は更新して無いのに
御訪問&ランキングの応援ありがとう。




今日は少々偏った話。


5つを早く揃えたいから、複数科目の受験はダレもが一度は考える。

ただ、、仕事しながらの受験は相当ストレスになることは周知の事実。


では、なんで複数科目をやるか。


飽きるから。
1科目を丸々1年間、ずっとやると失速する期間がある。
そんときに気分を変えるために別の科目をやる。



簿記論と財務諸表論をダブル受験は
会計処理がかぶるんで、財表のやっかいな理論だけが追加ってだけで
やってる事はさほど距離感を感じない。


そんなこんなで2科目をやってる人は多い。
で、2科目合格してる人も多い。



ただね、、、
仕事しながら税法2つはかなり危険だと。
オマケに初学の税法2つは、2つともダメになる可能性のほうが高い。



直前期に、どちらか一つをサクッと切り捨てる自信がある人は別やけど




要領よくやったとしても
勉強した時間数は
合格率にリンクするんじゃなかろうか。



法人税が年間600時間で合格レベルになるという予備校のうたい文句を
真に受けてる人なんていないと思う。

使った時間数だけ、合格の可能性が上がるって言うのは皆分かってるもんね。



仕事してると一日4時間の勉強時間を確保するのがギリギリ。
2科目やってる人は、もっと時間あるのかな。。。違うのかな??



気が向いたらおしといてぇ〜☆

にほんブログ村



サンクス



posted by kater at 08:33| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。